日常生活でできる家庭学習
2016.10.04

subimg01
小学校受験に興味はありますか。最近ではしようとからレベルの高い学習を受けさせ、小学校から受験に望むと言うスタイルは決して珍しくはなくなってきました。ただ、一般的な受験のスタイルとは違うのが小学校の受験です。勉強を行えばレベルの高い学校に入学できるというわけではなく、自分自身の個性も大切な武器になることがあります。ほとんどの小学校での受験で面接試験が設けられていますが、この面接試験に重きを置いている小学校も珍しくありません。つまり、どのような受け応えができるのか、また親からどのような教育を受けてきたのかが重要なポイントになると言うことです。教育は時間がかかりますが、親も諦めることなく時間をかけて教育して行く必要があります。

まずは、日常で学べることから考えてみましょう。実は日常生活から子供が学ぶことは多く、塾などでは学べないことがほとんどです。食事のマナーや、挨拶のマナー、そして一般常識と言われるようなことは、日常の生活から、さらに親から学ぶことが一番です。子供にしっかり付いてあげて教えていけば、吸収力の早い子供はすぐに理解して親の真似をして学ぶはずです。これはつまり家庭学習であり、無理にお金をかけて塾などに通わせる必要は全くありません。あくまでも親が得てきた日常での常識を教え込むので、毎日教育できるでしょう。小学校側も、一般常識をしっかり得ている子供の方を高く評価するはずです。短期間で教え込むと言うことはしない方が良いでしょう。時間をかけて教えることこそ大切です。

また、家庭学習で学べることとしてコミュニケ能力があります。このコミュニケーション能力もとても大切なことですが、子供同士で学ぶコミュニケーションと、親とで学ぶコミュニケーションとは全く違います。その違いは子供も理解をしており、子供同士のコミュニケーションはしっかり取れていても、親とのコミュニケーションが不足してしまっているケースが目立ちます。大人と話をして、その話の中で生まれてくるコミュニケーションはとても重要で、独立心が芽生えてくるでしょう。日頃か時間をかけてコミュニケーションは行い、正しいことや間違っていることなどを言い合える環境を整えておきましょう。簡単なように感じるかもしれませんが、継続して続けていくことはとても大変なことです。時間がかかってでも日常生活における家庭学習を大切にして、なるべく早い時期から進めて行くことを強くお薦めします。

▲ ページトップへ