厳しく?のびのび?おすすめの教育方法について
2016.10.04

subimg02
日本の出生率は下がり続けていて、少子高齢化の流れが止まらなくなっています。受験を考える子どもにとっては幸せなことのようですが、一概にそうは言い切れない事情があります。二極化が進んでしまう恐れがあり、進学や就職で大きな差が付いてしまいます。親であれば、常に子どもにはベストな教育を受けさせたいと願っています。大都市には有名私立大学傘下の小学校が多くありますが、毎年多くの受験生が狭き門に挑んでいます。

良い大学に入って良い企業に就職を果たすためには、出来るだけ早めの準備をすることが求められます。小学校受験をすることも有効な策ですし、質の高い教育を受けることで子どもの可能性を見出だすことが出来ます。有名私立小学校は、確固たる教育方法を持ち合わせています。教室の環境も素晴らしいですし、教員の資質も素晴らしいものがあります。人生はずっと競争が続く訳ですから、合否を度外視しても経験するだけでプラスになるのではないでしょうか。小学校受験を突破することで、よほどのことがなければ大学までエスカレーター式で進学することが出来ます。長期的なスパンで教育を考えることが出来ますし、それをアドバンテージに留学やボランティア活動に力を注ぐことが出来ます。色々な世界を見ることで、経験値が積まれ就職試験にも有利に働くはずです。校舎が同じ敷地内にあるので、通学にストレスを感じないのもメリットではないでしょうか。明快な教育理念が掲げられていて、目標に向かって一直線に進めるはずです。競争を勝ち抜くことは自信になりますし、今後の人生にも良い影響を及ぼしてくれるはずです。

小学校受験で大事なことは、決してお子さんだけの学力や面接態度だけではありません。御両親の立ち振舞いも大事な要素で、面接では合否の判断材料になります。ファッションや言葉遣いを含めてですが、総合的な判断で合否が決まることを肝に銘じておいて下さい。近年は、小学校の受験を対象にした塾や予備校がオープンしています。受験のプロがノウハウを教えてくれますし、試験日から逆算したカリキュラムを立ててくれます。御両親の面接対策も充実していて、合格には何が必要かをレクチャーしてくれます。過度な受験競争を危惧する声もありますが、日本が世界と対等に戦うためには真のエリート教育が必要ではないでしょうか。人口減少社会に突入しているからこそ、しっかりとした教育を受けることが重要ではないでしょうか。

▲ ページトップへ