小学校受験に必須企業ベスト5

第1位 伸芽会

  • 子供の個性を引き出しながら伸ばす教育方針

  • 伸芽会は名門小学校受験、幼稚園受験のパイオニア

  • お子様一人ひとりの発達に応じた個別プログラムを提供しています

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

伸芽会に対するみんなの口コミ

小学校受験勉強をさせてあげたいけど、どこがいいのかわからないという人もいるでしょう。「伸芽会」では各教室がある中で独自の...
小学校受験を考えているが、どこに通わせれば良いか迷います。比較した結果、伸芽会は、体験の案内が日々更新されわかりやすく、...
伸芽会は、名門の小学校へ入学するための秘訣等を教えてくれます。また、独自の教育法で、お子さんの創造性を伸ばす事が出来ます...

名門の小学校へ入学するための知識を付ける

伸芽会は小学校受験を控えたお子様に必要な知識を教えてくれます。毎年高い合格率を誇っている特徴があります。

第2位 理英会

  • 生きるために必要なこと、子供の成長を願うなら理英会へ

  • 理英会の小学校受験の特徴と比較に関して考察

  • 独自カリキュラムで考える力を徹底的に育てる

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

理英会に対するみんなの口コミ

理英会というのは幼児を対象にした進学塾の1つとなっています。この進学塾では小学校進学を目的としていますが、合格実績が神奈...
大学受験を考える上で、大切なことは理数系でいかに点数を稼ぐことではないでしょうか。小さい頃からの集大成が大学受験ですし、...
理英会では子ども教育だけでなく、親御さんのへのサポートも充実しているのでオススメです。個別面談が実施されるので不安や気に...

好奇心が伸びるよう、ベストな教育環境を与えたい

小学校受験を考えている親御さんに幼児の知的・精神的・機能的・心理的な発達段階を踏まえたカリキュラムを取り入れた「理英会」。子どもの学習意欲を引き出し、潜在能力の活性化してくれます。

第3位 桐杏学園

  • お子様に本物の力をつけさせてあげたいのなら桐杏学園へ

  • 桐杏学園は子供の健全な成長を指導していきます

  • 桐杏学園のオリジナル教材だけで受験はOK

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

桐杏学園に対するみんなの口コミ

桐杏学園には受験指導に精通した実績のあるスタッフが、お子様ひとり一人の個性を重んじながら本物の教育を目指しています。この...
桐杏学園の教材はすべて学園が開発したオリジナル教材になっています。この教材の学習だけで難関校に合格した実績もあり、本物の...
小学校受験は子供にとって初めての受験になるでしょう。「桐杏学園」はコースも年齢ごとに別れており、個別コースもあるので一人...

受験テクニックの教育はしない桐杏学園

桐杏学園の小学校受験コースでは、受験のためのテクニックではなくそれぞれの個性に合わせた教育を重視しています。

第4位 ジャック幼児教室

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

独自のカリキュラムで高い合格率

ジャック幼児教室では独自のカリキュラムを考えて小学校受験を控える子供達に様々な事を教えています。また親の意識も変えてくれる特徴があります。

第5位 こぐま会

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

お子様の受験対策として最適なこぐま会

こぐま会では、幼稚園受験と小学校受験に特に力を入れた指導を行っていることが何よりの特徴です。豊富な経験と情報収集力で、確実に結果を出しています。早くから学ぶことが楽しくなる指導も行っています。

塾に通った方がいい?

thumbnail01
小学校以下の教育は義務教育ではありません。幼稚園や保育園も必ず行かせないといけないわけではありません。その他の幼児教室も同様です。ただ、小学校受験を考えているなら、その対策をしてくれる塾を選ぶ必要があるでしょう。老舗といわれる有名なところから、個人で運営しているような小さな教室までがあります。その中から検討する必要があります。

インターネット上にホームページなどを構えている老舗といわれるところがあります。これらの場合は、情報などがたくさんあります。どんな教育をしているのか、どんな学校への合格実績があるのかなどを知ることができます。インターネット上でもある程度の情報がわかりますが、最終的には実際に教室に行って見学などをして決めます。園長などと話をして、教育方針などを確認しておくと良いでしょう。

個人で運営しているところは、あまり実績などがわからない場合があります。口コミなどで得た情報を元に知ることもあります。個人であるがゆえに、より細かい教育を行ってくれることもあり、子供によっては実力を大きく伸ばせる環境が得られることもあります。興味のあるところがあれば、運営者の話を聞きに行ってもよいでしょう。どちらにしても、子供が実際に教育を受ける現場を見ておく必要があります。

小学校受験ならではのテストについて

thumbnail02
学校の入学試験は、それぞれの学校が作成するのが一般的です。公立高校の入試のときは都道府県で共通ものもが使われますが、それ以外はそれぞれの学校で独自のものを使うでしょう。小学校受験の場合、ペーパーテストもありますが、どちらかと言うとあまり重視されないことも多いです。ですから、それ以外でどんなことが問われるかを知っておく必要があるかもしれません。

ある学校では、ペーパー、運動、行動観察、そして親子面接となります。この学校は小学校にしては珍しくペーパー重視になっているため、それなりに対策をする必要があります。ペーパーに合格できないと2次試験に進むことができません。一方有名私立大の系列小学校ではペーパーがありません。行動観察、集団遊び、体操、行動観察、親子面接になります。ペーパーはありませんが、話の理解などが問われます。

それと比較してたと異なる選考が用意されることがあります。行動観察、運動の他に絵画制作があります。絵画制作では、単に絵を描くだけでなく、ハサミやノリなどを使う課題もあります。普段から使っていないと、すぐには使えないでしょう。両親が出てくるのは親子面接のときだけと考えていてはいけない学校があります。母子行動観察では、母子の行動が見られます。他ではあまりないので、対策しないといけないでしょう。

両親が知っておくべき心構え

thumbnail03
子供を教育するとき、とにかく勉強するように伝えることがあります。でも子供は勉強をしてくれません。勉強が楽しくない、面白くなければ嫌がるだけでしょう。無理やりやらせたとしてもあまり効果はないかもしれません。中学以上の受験の場合は子供の学力が大きく左右します。そのために子供に頑張ってもらうしかありません。でも小学校受験の場合は子供だけではありません。

親が持っておかないといけない心構えとして、子供と一緒に受験に挑戦する気持ちを持つことが挙げられます。幼児教育を受けさせるだけでなく、日頃の生活から子供をサポートするようにします。夫婦のどちらかだけが積極的に行うのではなく、夫婦ともに行います。どちらかの意識が薄い場合は、お互いに話し合って、少なくとも合格までは積極的に後押しできるようにします。

合格のための知識としてランキングの上位にあるのは、より良い幼児教室に通わせることでしょう。それぞれの教室で実績などが発表されています。実際にその教室を経ることで多くの子供が合格できてきますから、教室に通えば一歩近付けます。特に入るための試験などは設けられないこともありますが、人気の教室だと簡単には入れません。またお金が適度にかかりますから、それも考慮して選ぶ必要があります。

合格する子はここが違う!

thumbnail04
子供が生まれてからしばらくすると、少しずつ成長の様子が見られてきます。言葉を話すことができたり、歩くことができるようになります。平均的な年齢があるので、それより少しでも早いと、末は博士か大臣かと考える親もいるかもしれません。いくら能力がある子でも、何もせずに子供が自然に能力をつけることは難しいでしょう。何らかのきっかけを親が与える必要があります。

小学校受験に合格するコツとしては、まずは幼児教室選びがあります。今は多くの受験生が幼児教室に通っています。ノウハウなどがあり、それに基づいて教育をしてくれます。学校ごとの試験対策などもしてくれますから、受験前にその内容をある程度行うことができます。覚えたことをそのまま書くのは比較的できますが、話を言聞くことや行動などはすぐにはできません。

幼児教室に通わせていれば自動的に合格できると考えることがあるかもしれません。実際はそれほど簡単ではありません。また、本番の試験では親も面接を受けます。子供が良くても、親が適切な対応ができなければ合格できません。親が幼児教室に子供と一緒に通い、子供と一緒に教育を受けます。面接対策をしてくれたり、日々の生活の注意点などを知らせてくれる場合があります。

▲ ページトップへ